萩原綾乃 個展 おどりは夜。

2018年7月17日(火)〜29日(日)
※7月23日(月)休廊
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は17:00まで
◆ 展覧会レセプション 7月22日(日)17:00〜
 
▍作家コメント
人間の喜怒哀楽を表すのに適した音楽的な動きであり、舞が専門的技能を有する少数で演じられるのに対し、素人が群れをなす場合が多く、場も特殊な舞台などは必要としないという特徴がある。民衆の中から生まれたものでありその起源を求めるのは難しいが、念仏踊りにあるという説が一般的であり、盆踊りがその典型である。(「踊り」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2018年1月8日 (月) 14:11 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org)
 
枕草子で夏は夜(が良い)と伝えたように、おどりは夜(がおもしろい)と誰かに話したいのです。
人が集うその場所は常におどって見えます。
いったいどこまで、そしていつまで続いていくのでしょうか。

 

▍関夏夫 展

2018年7月31日(火)〜8月7日(日)
※会期中無休
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は17:00まで
 
▍ギャラリーより
この度、ギャラリー美の舎では関夏夫の個展を開催いたします。
関夏夫の作品を見ると、急にお日様の光を浴びたくなったり、公園をはだしで駆け出したくなったりします。遊び疲れてバタンと眠りに付き、又お日様におはようと言うのです。囁いているような木洩れ日や、驚いた顔の切り株はずっと昔からの森の友達。今年は谷中まで会いに来てください。
皆様のお越しをお待ちしております。
 
▍作家コメント
日々の暮らしの中で見たことや感じたことを色や形にしました。海、山、空、花、鳥、子供、友、出会い、別れ。静かに目を閉じると、たくさんの思い出が表れてきます。一つ一つの作品に今の思いや願いをこめて制作しました。油彩、アクリル、立体作品など約50点を展示します。