▍沖元かおる 個展 - Sacrifice / 犠牲 -

2021年11月30日(火)〜12月5日(日)
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は16:00まで
 

▍ご挨拶 

ギャラリー美の舎では11月30日より沖元かおるの個展を開催いたします。
昨年に続き2回目の個展となります。皆様のご来廊をお待ちしております。
 

▍個展に寄せて  

人柱→犠牲
火と水命を生かし、また殺すもの
 
今、これを描かなければならない、と感じる時がある。
昨年戦争をテーマに描いたが、今回は今、自分のいる世界で起きている事に思いを巡らせた。
人柱とは生け贄としてこの世界を支える柱を意味する言葉だ。人は今、自分の意志に拘わらずこの人柱に選ばれ多くの生け贄として命を奪われている。悲しみの存在の上に偽りの繁栄が築かれ、この世が時間の上を走る。1つの空間にその世界を表現しようと試みた展示である。

▍プロフィール 

2021 つぎのカーブ 個展  「When loves you
2020 
ギャラリー檜 個展  「表と裏ー作為の不作為ー」
2020 ギャラリー美の舎 個展  「輝ける闇」
2020  |
2015 
国立新美術館  サロン・ドトーヌ日仏現代美術展 入選
2021 ギャラリーエッセンザ、フレイトホフシアター
2021 ベルギー、オランダ美術賞展 入選
2014 ギャラリーゴトウ  個展  Twilight and dawn
他、団体展、グループ展、個展など多数



多摩美術大学油画科中退。カルチャースクール講師を経て現在油絵教室を経営。2016~2020年ぺビーカレッジ絵画教室講師、2016~2018年 衆議院議員会館出店 美装企画代表を務める。

▍色本藍 個展 「彼女を解読できるか」

2021年12月14日(火)〜19日(日)
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は16:00まで
 

▍ご挨拶 

Gallery美の舎では12月14日より色本藍 個展 「彼女を解読できるか」を開催いたします。
色本は東京藝術大学油画在籍の作家です。油画、立体、写真、陶芸、ドローイングなど、様々なスタイルで構成されたされた彼女の世界を是非、感じていただければと思います。
Gallery美の舎 2021年最後の展示となります。皆様のご高覧をお待ちしております。
 

▍作家より 個展に寄せて  

人と人とは分かり合えないということが私の作品の根底に流れている思想です。
自分が人なのかどうかよくわからなくなります。たまたま私はヒトの形をしている。だからとりあえず周りにいる"人"の真似をして、自分もその仲間ということにしている。
私たちは同じ種類の生き物で、同じ言語を話します。だからつい、通じ合える魂を持っていると信じてしまいます。しかしそれは間違っていると思うのです。いくら言葉を選んで伝えようとしても、心と心が繋がり合ったことなどほんの数えるほどでした。
私たちはいくら話し合っても分かり合えない、それぞれが違う世界の違う生き物なのです。
だけど、伝わらない言葉でお喋りしましょう。どれかひとつくらいは理解できるかもしれないので。

▍プロフィール 

1999 千葉生まれ
2019 武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻入学
2020 東京藝術大学絵画科油画専攻入学、在籍中

[展示歴]
2019 光の森展 白矢アートスペース
2019 未成年展 多摩美術大学芸術祭
2020 深夜の美術展vol.20  くるくるGlobal Hub
2020 個展「猿だって性を売る」新宿眼科画廊 など