▍佐々木高信 個展

2019年4月23日(火)〜4月28日(日)
会期中無休
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は17:00まで
 

▍ギャラリーより

ギャラリー美の舎では、4月23日(火)より佐々木信高 個展を開催いたします。
近年、郷里 広島での活動が長かった佐々木の、東京では約28年ぶりの個展となります。
多くの皆様のご高覧をお待ちしております。

▍作家より

一時、遠ざかった時期もあるが、私はあらがね抽象的な表現を私なりに長い間追求してきた。極めて困難であったが、私にとって重要なのは、出自のない不定形の形を明確に画面上で捉えることであった。私の絵画は複雑な形象の織りなす初期の原初的なペインテイングから次第に簡略化され、シンプルなものに変化していった。それらのペインテイングは言わば絵画表現のミニマリズム、絶対主義的というべきものになって行ったのである。このように私は現在、この上なくシンプルで簡略な抽象画を制作している。それは、「絵画とはこういうものだ」という誰しもがもつ思い込みを払拭したいという思いからなのかもしれない。描きこまなくてはならない、彩らなくてはならない、といったこの世界に流布する絵画に対する思い込みを根底から破壊したいのである。そしてこのようであっても絵画は絵画たりうるということを証明したいのである。思い込みという色眼鏡でこの世界を見ることに何のメリットも存在しない。

 

▍野尻恵梨華 初個展「おどろおどろ」

2019年4月30日(火)〜5月5日(日)
会期中無休
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は17:00まで
 

▍ギャラリーより

この度、ギャラリー美の舎では 野尻恵梨華 個展「おどろおどろ」を開催いたします。
野尻は2018年ギャラリー美の舎 学生選抜展で奨励賞を受賞しました。
皆様のご高覧をお待ちしています。

▍作家より

作品の共通テーマは「うそ」です。私が着目しているのは人を欺くためや窮地での言い逃れなどの「うそ」です。自分にとって好都合な方向に舵を切るための言葉を使ったやりとりは滑稽な様子に見えます。それは何度でも繰り返され、社会にありふれた光景となりました。私の初の個展で、その光景の面白さを感じていただけたら幸いです。

 

▍成瀬政博 写真展

2019年5月8日(火)〜5月19日(日)
休廊日 13(月)、14(火)
作家在廊日 11日(土)、12日(日)  
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は17:00まで
 

▍ギャラリーより

Gallery美の舎では5月8日(水)より成瀬政博 写真展を開催いたします。「週刊新潮」表紙絵画家のもうひとつの世界をお楽しみください。
 

▍写真集『blur』あとがき「ぼんやりとした佇まい」より抜粋

七年ほど前に、足を痛めて歩けない数年があった。そのころ、娘が買って使わずに放っておいたタバコの箱大の小さなデジタルカメラをいじることで、鬱屈した気持ちを紛らわせていることがあった。(中略)
部屋の中のモノ、窓から見える景色、テレビに映っていた画像、
そのうち、目の前に広げている新聞紙の写真、読んでいた本の中にある口絵写真、等々、印刷された画像の一部分を接写することが常態化していた。ぼやけたぼんやりとした画像が、ここちよく感じられたのだ。こんなことを続けていると、そのうちテレビを見ていても、焦点の合っていない背景のモノやけしきを見つめていることが多くなってくる。
そうした世界のぼんやりとした佇まいに、境界もなく、名前もなく、意味もなく、始めも終わりもない存在のやすらぎ、とでも言っていいような、心地良さ、美しさを、私はあのころ、覚えていたようなのだ。