▍小林大悟 展 ハレとケのダンス 

2018年11月27日(火)〜12月9日(日)
12月3日(月)休廊
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は17:00まで
▍レセプションパーティ 
12月1日(土)17:00〜19:00
▍最終日12月9日(日)に作品鑑賞のイベントを実施いたします。
「作品から物語を紡ぐ鑑賞ワークショップ」
(タイトル仮)
●ファシリテーター:中島恵美子さん(アートコミュニケーター東京メンバー)
●実施時間(各回30分程度)
・13:00-13:30  ・14:00-14:30  ・15:00-15:30
各回少人数で実施予定です。参加費は不要です。
飛び込み歓迎のため予約は設けませんが、ご興味のある方はあらかじめご連絡いただけると幸いです。

 

▍ギャラリーより

コンセプトから作品を読み解く、いわゆる現代アートの作家とは今の小林大悟は少し距離があるように思う。彼の作品はユーモアがあり、リズムを感じる。動物達は可愛いけれど、どこか不穏な空気を感じさせる情景も時に見られる。
自由奔放な天性のカラリストで、優れたデザイン性も併せ持っている。
多くの皆様のご高覧をお待ちしております。
 

▍作家より

不特定多数の前に作品を飾るとき、作品は非日常(ハレ)を装います。そんな非日常を装った作品も、なにげない日常(ケ)を栄養とした創作意欲の元に”うまれてしまう”もの。そんな”当たり前”に気がついたとき、ハレとケがお互いを隠しあい表裏の関係を持つのではなく、たとえ不器用であってもダンスをするようにゆるやかにまじりあう関係で作品をつくっていきたいと思っています。
 

▍プロフィール

1990 東京都生まれ
2014 多摩美術大学絵画学科日本画専攻卒業
2017 アートコミュニケーター「とびらプロジェクト」三期修了
【個展】
2018「あくびなみだでやけどする」JCA Gallery(東京)
2017「部屋をかざる、人前もかざる」スターバックス池袋明治通り店(東京)
2016「せんのりきゅうの世界」Gallery fu(神奈川)
2016「地図を持たない旅人の標本」CHICHI Cafe(東京)
2015「Wonder Attic Room」日本茶喫茶・ギャラリー楽風(埼玉)
【主なグループ展】
2018「へぼ六」ブックギャラリーポポタム(東京)
2017 「ポコラート全国公募vol.7」3331 Arts Chiyoda(東京)
2015 「ポコラート全国公募vol.5」3331 Arts Chiyoda(東京)
2015 「須崎と絵金」すさきまちかどギャラリー(高知)
2014 「新世代の日本画六人展」アートスペース羅針盤(東京)
他、美術ワークショップなど多数実施

【小林大悟HP】https://kobayaashidaigo.jimdo.com
 

▍WA展 -why,way,with,Association-

2018年12月15日(土)〜20日(木) 会期中無休
12:00~18:30初日は13:00より。最終日は17:00まで)

▍ギャラリーより

ギャラリー美の舎 2019年最後の展覧会は、京都造形芸術大学の通信で洋画を学ぶ学生の皆さんのグループ展です。
年代は20代から70代まで。それぞれの想いを持って制作した作品がギャラリーを飾ります。
たくさんの皆様のお越しをお待ちしています。
 

Gallery美の舎企画 1月の版画展

2019年1月15日(火)〜27日(日) 1月21日(月)休廊
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は17:00まで
▍レセプションパーティ 1月19日(土)17:00〜

 

出品作家:内田真理 大庭明子 小越朋子 齋藤千明 谷村明門 波能かなみ 原陽子 日向野桂子 宝珠光寿
 

▍ギャラリーより

この度、ギャラリー美の舎では、ギャラリー企画「一月の版画展」を開催いたします。
木版画、銅版画、ウォーターレスリトグラフなど、様々な手法の個性豊かな9人の作家が出展いたします。
多くの方のご来廊をお待ちしております。