▍学生選抜展2019 一次審査通過作品展

2019年10 月1日(火)〜6日(日)
12:00~18:30  初日は13:00より。最終日は17:00まで

審査通過作家:

阿部駿 小髙充弘 川口晴太郎 川尻舜 北澤知佳 君島英樹 久保晶 末次芽衣 末松丈知 寺門大 寺平花 中西凛 樋口真由 平片仁也 村田遙香 吉岡夏希 山口あかり 山田康平 JIAN LI-JYUN LI SHUYA SHI ZIHAN TJANDRA HENNY
 

▍ギャラリーより

Gallery美の舎では昨年に続き学生選抜展を開催いたします。
今年は絵画、版画、写真などの平面作品だけでなく、立体作品も対象となります。年齢は30才までに広げました。
最優秀賞受賞者には1週間の個展開催の権利、優秀賞、奨励賞受賞者には2~5割のギャラリーのサポートで個展開催の権利が与えられます。
今年も国籍を問わず、広い地域の方から素晴らしい作品が寄せられました。新しい才能の萌芽をぜひ、多くの皆様にご覧いただきたいと思います。
 

▍伊藤みどり 個展
「光の音」

2019年10月9日(水)〜14日(月祝)
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は17:00まで
 

▍ギャラリーより

Gallery美の舎では10月9日(水)より伊藤みどり 個展 「光の音」を開催いたします。 自身の心の目で対象を捉えた伊藤の作品は、静かな光を放ち多くの人の心を引きつけて止みません。 皆様のご来廊をお待ちしております。
 

▍作家より

これを絵にしたらいいかもしれない、あんなものを描いてみたい。そのような気持ちで絵を描いています。
単純に、自分が美しいと思ったものを絵にする、それが今の私のやりたいことです。
風景、花、人物等、描く対象は様々ですが、どうやら私は「光」というものに魅力を感じているようです。
日の光を浴びてきらきらと輝く植物や夜の町のあかりといったものなどは、とても美しく、私の心を温かい気持ちにさせてくれます。今回の個展で発表する作品も光を描いた作品が多いように感じ、副題を「光の音」といたしました。
ただただ自分の描きたいものを絵にしているだけですが、もし、私の作品をご覧いただき、皆様に「きれい」「心地よい」と感じていただけたのであれば、こんなに嬉しいことはありません。
 

 

 

藤原和輝個展
解離性健忘

2019年10月29日(水)〜11月3日(日)
12:00~18:30 初日は13:00より。最終日は17:00まで
 

▍ギャラリーより

ギャラリー美の舎では10月29日より藤原和輝 個展 -解離性健忘-を開催いたします。
藤原は2018年ギャラリー美の舎 学生選抜展において、ただ一人高校生で一次審査を通過し、優秀賞を受賞しました。
藤原にとって初めての個展となります。多くの方のご来廊をお待ちしています。
 

▍作家より

喪失した記憶を、写真(記憶)の複写行為と集結により再構築した。
記憶という行為を無意識にも半永久的に繰り返す私達は、忘却を分けて考える事はできない。
解離性健忘という病を患った妹を間近で見た私は、即時的な側面と記録物としての側面を強く持つ写真で自分の記憶を留めておこうと思わずにはいられなかった。